lochtext

http://us.battle.net/sc2/en/profile/2312833/1/lochtext/

自分の残念ファーストピックを供養する ~サイエンス・テクノロジー系記事編~

こんにちは。みゅーとです。NewsPicksのみなさま、いつもお世話になっております。

Nakaさんの記事のコメント欄を見ると、テクノロジー、サイエンスの分野に興味があるピッカーはNewsPicksにも本当にたくさんいるようで、非常にうれしいです。

しかし、ひとくちにサイエンス、テクノロジーと言ってもジャンルは非常に幅広く、ピッカーの興味の範囲もかなりばらけているのが実情だと思います。自分は、サイエンスや、テクノロジーの話題について、外部サイトからのファーストピックを行うことがよくあるのですが、その際残念なことに自分以外の誰にも同じ記事がピックしていただけないことがよくあります。この記事は、そうした「残念ファーストピック」を厳選し、供養を行うとともに、「NPってどんなジャンルの人が多く集まるのかな」「どんなコメントをつければファーストピックから話題が広がるのかな」といったことを話すネタにしていただければ幸いです。

選考基準として

  • 昨年下半期以降の記事
  • 自分がファーストピックしたが、そのあと(ピックロボット以外の)ピックがつかなかった
  • サイエンス・テクノロジー関連の記事
  • 同じ内容のほかの記事がピックされていない

としました。
ではどうぞ!


newspicks.com
newspicks.com
テクノロジーと言っておきながらいきなりE-Sportsの話題で恐縮ですが、NewsPicksではE-Sportsの注目度が小さすぎると思います。日本にも給与制のプロチーム『DetonatioN FocusMe』が生まれましたし、ぜひ今後の世界を舞台にした活躍に注目を。また、『ベイングローリー』や『ハースストーン』はスマートフォンでも遊べるタイトルなので、ぜひトライしてみてください。


newspicks.com
newspicks.com
スパコン関連の記事も、NPではあまり人気がありません。科学研究や新製品開発の基礎を支える部分なので、ぜひ注目を!


newspicks.com
以前から、世界規模の課題として注目しているのが「食品や薬の包装」。コメントしているように、さまざまなイノベーションが必要な分野なのですが、ローコストで提供することが求められるために、なかなか技術の進歩が進まないというジレンマがあります。


newspicks.com
ノーベル賞の流れに乗れなかった記事です。地球物理学/天文学も、NPではあまり人気がない? ぼくもあまり詳しくはないのですが。。。


newspicks.com
newspicks.com
シミュレーション技術、とくに「製造プロセス」をシミュレーションする技術は日々進歩していますが、ユーザー以外にはあまり興味の持てない分野でしょう。エンジニアの中でも、興味のある人・ない人ではっきりと分かれる分野だと思います。


newspicks.com
newspicks.com
日本の自動車メーカーの地味な取り組みも、あまり注目度がない。自動運転だけに注目していては、「車車・車道間通信」というもうひとつの重要な要素を見逃す可能性があると思います。


newspicks.com
ペッパーを始めとしたコミュニケーションロボットを現場に導入する難しさについて述べた記事です。コミュニケーションロボットが、個人向けのオモチャにとどまるのか? それともサービス業で本格的に利用されるようになるのか? は、こういった課題にフォーカスしていくことで見えてくるのではないでしょうか。


以上、「マニアックすぎる!」という声にビビりながらも、いくつか厳選してみました。
こうして振り返ってみると、やはり「残念」になる理由として、「記事のニュースバリュー」というよりは、「自分のファーストコメントが、あまりその分野に詳しくない人向けのものにうまくなっていない」という点が挙げられるかな、と強く感じました。ファーストピックでどうコメントをつけるか、というのは、非常に難しいのですが、そこをがんばっていきたいですね。

最後に声を大にして言いたいのですが、僕は他のピッカーの方のマニアックなファーストピックが大好きです。時間に限りがあり拾えないことも多いですが。。。。
自分の得意分野以外でも、「面白そうだな」と感じたらファーストピックしていく姿勢は、人力のキュレーションだからこそ発揮できるものだと思います。これは、今後NewsPicksがどのように変わっていっても、大事にしていきたいポイントですね。


それでは、良い週末を!

学会に行きました

京都で開催された国際学会で口頭発表を行いました。
ぼくの発表は朝イチだったので、めんどくさい質問者などもおらず、ササッと終わりましたが、、、、、
主流の研究課題ではないので、あまり、興味を持ってもらえなかったかな?

以下読書録

信号理論や半導体素子、センサー、フィードバック制御まで、メカトロニクスに必要な話題を広く浅く扱った書籍。よい復習になりました。東大の学部生はよい教科書を使っているなーと思ったり。

はじめての半導体ドライエッチング技術 (現場の即戦力)

はじめての半導体ドライエッチング技術 (現場の即戦力)

もうすこし数式を使ってもよかったと思う。

急に暑くなったせいか体がだるい。。。。。

それとも働きすぎか?(1日8時間以上研究室にいるのは健康に良くないと思う。しかしこんなんで就職してやっていけるんか。)

最近は発明にも取り組んでないし、バイトも思うように行かないし、就職活動は終わっちゃったしでワクワクが少ないです。はてブとNewsPicksを巡回しTwitchを見るのが日課です。研究はそこそこ進んできましたが、まだまだといったところです。。。。。

内定先の懇親会に行くのが少し楽しみです。あと9月は遠出する予定。学会発表の準備が進んでいれば。

移流方程式

久々に数値計算でもするかーと思い仮想環境を入れたら思ったよりうまく行ってうれしかった。
VertualBox+Lubuntu、エディタはvimを使ってみた。

何するかーってなって、今回は
Fortran 勉強会 wiki - itani-1 次元線形移流方程式
の先頭のやつをC++で書きなおした。べつにCでも良かったと思う。


#include <iostream>
#include <math.h>
#include <fstream>
#include <string>
using namespace std;

int main(int argc,char *argv[]){

 const int jmax = 100;       //  0 < x < 10   で計算 
 const int nmax = 500;       //  0 < t < 10 s で計算
 class p{
   public:
   double x;
   double u[nmax+1];
 };

 p point[jmax+1];
 
  const double pi = 3.14;
  const double c  = 1.0;
  const double dx = 0.1;
  const double dt = 0.02;
  double r  = c * (dt/dx);

//--- write parameters -----
  std::cout <<"dt="<<dt<<"dx="<<dx<<"r="<<r<<std::endl;

//--- initialize x -----
  point[0].x = 0.0;


//--- set coordinate -----
  for(int j = 1; j <= jmax; j++){
    point[j].x = point[j-1].x + dx;
    //cout << j << "  " << point[j].x << endl;
  }

//!--- set initial (t=1) condition -----
//! sin 波と矩形波の二種類用意した.
//! 与えた値によってスイッチする.

  cout <<
  "*****************************************"<<endl<<
  "*       choose initial condition.       *"<<endl<<
  "*  1 (= sin wave) or 2 (= square wave)  *"<<endl<<
  "*****************************************"<<endl;

  int iniwave;
  cin >> iniwave;

  ofstream fout("dat/000.dat");
  if(iniwave==1){

    //! sin 波 : 0 < x < pi で sin(x)
    for(int j = 0; j <= jmax; j++){
      if(point[j].x < pi){
        point[j].u[0] = sin(point[j].x);
      }
      else{
        point[j].u[0] = 0.0;
      }
      fout << point[j].x << "  " << point[j].u[0] << endl; 
    }
  }
  else{
    //! 矩形波 : u = 0 ( x < 1, 2 < x ), u = 1.0 ( 1 <= x <= 2  )
    for(int j = 0; j <= jmax; j++){
      if(point[j].x>=1.0 && point[j].x<=2.0){
        point[j].u[0] = 1.0;
      }
      else{ 
        point[j].u[0] = 0.0;
      }
      fout << point[j].x << "  " << point[j].u << endl; 
    }
    fout.close();
  }


//--- calculate each value -----


  for (int n = 1; n <= nmax ; n++){
    char name[30];
    sprintf(name,"dat/%03d.dat",n);
    ofstream fout(name);
        
    point[0].u[n]= point[jmax].u[n-1];
    fout << point[0].x << "  " << point[0].u[n] << endl;

    for (int j = 1 ; j <= jmax ; j++){    
      point[j].u[n] = (1.0-r) * point[j].u[n-1] + r * point[j-1].u[n-1];
      fout << point[j].x << "  " << point[j].u[n] << endl;
    }
    fout.close();
  }

return 0;

}


載ってたシェルスクリプトをちょこっと変えて、Gnuplot->PNG->ImageMagickでconvert、GIFアニメ作成までできた。シェルスクリプトは割愛。

シェルスクリプトGnuplotC++と、やらないとどんどん忘れていくのでたまにやるようにしたい。あと、流体解析の基本的なところは卒業までに身につけたい。FortranC++で書き換えるだけで勉強した感じになれてよい。

次回はPythonでやるか、Eigenを使ってCrank-Nicolson法でも作ろうかな。

家事を簡単にする方法まとめ

お金を使って家事を楽にする諸々のまとめ。
社会人になったら使いたい。
随時追加したい。

  • 洗濯乾燥機

日立が1位 共働きにお薦め洗濯乾燥機ランキング :日本経済新聞

  • 宅配クリーニング

宅配クリーニングの比較とランキング

  • 布団乾燥

価格.com - 象印 スマートドライ RF-AA20 価格比較

  • ロボット掃除機

ルンバ使いのための総合情報サイト 動かす前の準備

  • ハウスクリーニング

ハウスクリーニング | お掃除サービスのダスキン

  • 食洗機

ビルトイン食器洗い乾燥機 | Panasonic

  • 食材宅配サービス

食費が安くなるって本当?食材宅配サービスで節約になる3つのこと | はじめての有機野菜と食材宅配

  • 食事宅配サービス

セブン-イレブンのお食事お届けサービス「セブンミール」

  • 生ごみ処理装置

家庭用電気生ごみ処理機とは? │ 家電製品・機器情報 │家電機器(製品分野別情報) │JEMA 一般社団法人日本電機工業会

日本最大級!無料の家計簿アプリ・レシート家計簿「Zaim」
オートチャージsuica、ネットバンクなどと連携させると良し

法学部で道路交通法を教えるのが無駄な理由:L型職業教育大学に求められるものについて

我が国の産業構造と労働市場のパラダイムシフトから見る 高等教育機関の今後の方向性

はてなブックマーク - [PDF]我が国の産業構造と労働市場のパラダイムシフトから見る 高等教育機関の今後の方向性 : 2014年10月7日(火) 株式会社経営共創基盤 代表取締役CEO 冨山和彦


 昨日から局地的に話題のこのPDF、いろいろと粗はあるんですがいちばんまずいのは「職業教育」という概念を捉え間違えているところかなぁ、と。

 詳しくは芦田宏直先生の「努力する人間になってはいけない」を読んでほしいのですが、ざっくり言うと職業教育とは結局「カリキュラムによる積み上げ」なわけで、このPDFで語られるように「とりあえず求められそうな科目を入れてみました」でうまくいくようにはなっていないのです。

 そういう「社会人に対する研修」のようなやり方ではなくて、「実際に使える」スキルを積み上げるためにいかなる土台をつくるべきか、というのが本来の職業教育を論じるあり方であるべきで、それは文部科学省が上から言っても簡単には成果が出ないのだと思います(これに関しては内田樹先生も似たようなことを主張されていると思います)。



 その次にまずいのは「サービス業の生産性が低い」=「労働者のスキルが足りない」とイコールでつないでいるところで、これに関しては濱口桂一郎氏あたりも繰り返し批判しているところですが

 サービス産業では労働者の働きに対して報酬が少なければ数字の上では生産性は低い

 ということになってしまうのです。つまり、生産性向上のために労働者のスキルを上げようとか考えるよりはどうカネをうまく回すかを考えたほうが早い、労働者側ではなく経営者側が悪い、というのが正しい結論です。

 あるいは、マトモな労使関係が存在しない(同じく濱口氏の言う「ジョブもメンバーシップも労働者の固有の財産権としては確立していない世界」)ことに責を負わせるのも正しいと思います。




 もちろん冨山氏の分析・問題意識も正しいところはあるので、正確なところは彼の「なぜローカル経済から日本は甦るのか」を読んでいただければと思います。

なぜローカル経済から日本は甦るのか (PHP新書)

なぜローカル経済から日本は甦るのか (PHP新書)

化学の勉強法が知りたい

クライアント向けに発明をしてるとシランカップリング剤とかSAM膜とか色素増感太陽電池とかガラス転移温度とか、とにかくいろいろ大学で学ぶレベルの化学に関するネタが出てきて、そのたびに検索したりしているんだけど、この辺をひとつひとつ単発じゃなくてちゃんと系統立てて理解するための化学の勉強法が知りたい。

なぜそういう風に思うかというと、やはり知識ベースがあるかどうかで発明の完成までの時間が全然違うし、完成度もまったく違ってくるからだ。それに、こういうのをひとつひとつ覚えていたのではいくら時間があっても足りないので、脳内圧縮するために系統立てた勉強方法が知りたい。

学部ではいちおう機械工学を学んだことになっているけど、機械工学って広く薄くなので基本的な発想の部分などでは発明に使えるのだけれども最先端テクを使ってとなると途端に弱い。かといって今更化学系に入りなおすわけにはいかないので、独習できるようにしたい。