lochtext

http://us.battle.net/sc2/en/profile/2312833/1/lochtext/

外から見たSI屋が儲からない理由

SIerって終わってんな

寝ないといけないので走り書き程度に。

ブランドとか営業力とか他の業界でも通じるものを除いて、
製造業の競争力を守るのは特許と営業秘密(とそれに紐付いた人材)
IT企業の競争力を守るのは著作権

誰もが使えるソフトウェアを作ってる会社なら自社製品を著作権で守ってバラまくことでレバレッジが効かせられるが、個別最適化のための(一品物の)ソフトウェアを作ってるIT屋は、その収益が本来はその「個別最適化する対象」に依存する形になっていなければどうやってもレバレッジを効かせることができない。たとえばトヨタの車に積む組み込みソフトウェアを作って売れた台数分だけ金をもらうならレバレッジが効いてると言えるが、単にトヨタに頼まれてソフトウェア作っていくらもらいましたではどうやってもレバレッジは効かせられない。もちろん現実には外の人間にレバレッジを与えないように組み込みプログラマトヨタの中にいるのだが、SI屋がやっていることというのは究極的にはこれと同じことだ。故に利益率は低く業界として不健全で良い人材は集まらない。

世界で一番儲かっているSI屋といえばIBMだが(注・自分の認識です)、それもミドルウェアと圧倒的な数の特許とあの巨体からくる規模の経済があればこそである。逆に言うとあのレベルでないとSI屋はやっていけないということか。